鶴ヶ島山のクラブ2012年4月山行の報告

 

 岩塔に舞う雨霧は勧く山水画 妙義山(中間道)を歩く 41 4 ()

 旧中仙道から上信越道まで、新旧の幹線道路はこの山を見ながら往き、天を指す岩峰の

特異な山容は強い印象を残レます。

 ところが当日はあいにくの冷たい小雨。ようやく春めいた日が続いていたのに、この日

を狙い打つような雨。こんな天候か災いしてか1 7名いた参加予定者か最終的に1  0名に

なってしまい、下調べや予算計画くをしていたチーフ幹事さんに心労をかけてしまいました。

仕事などやむないキャンセルもありましたが、「信」を疑わせる場面もありました。

 一方、この天候か幸いして他の登山者も少なく、静かな山歩きが楽しめました。麓から

見る岩峰、岸壁の直下と森林との境をゆく砂義山中間道ですが、見上げると岩塔に雨霧が遊

び、動く山水画のようでした。 第一見晴~大黒の滝~第二見晴~手すりのついた鉄の階段~

岩壁を辿った水平道(この辺りが最高点で約850m)と歩くと. 大砲岩、第四石門が見え

てくる。眼下の林がようやく緑っぽくなっています「天を指す岩立ち上がり新芽待つ」。

 大砲岩で遊び、第四石門で昼食。ここで初めて他のパーティーと会う。中之岳神社で

無事の御礼をし、駐車易のバスヘ。「さくらの里」はまだ蕾、風呂に急ぎます。   さくらに里

から標高で200rn余り下の「もみじの湯」では、妙義山(白雲山「大文字」の黒い岸壁を背

景に開花が始まっており綺麗なコントラスを見せていました。

  参加者10名

                                       以上。

以上は鶴ヶ島山のニュースから当サイトの管理人 mTSUDA が転記させていただきました。
転記についての ご意見、苦情がありましたら管理人に連絡下さい。
削除しますので........


GPS軌跡



妙義神社登山口


 
 雨の中



大黒の滝 


 


 大砲岩と星穴



中之嶽神社の長い階段 

鷹戻しの写真をリンクしました。興味のある方はご覧ください

     ご覧いただきありがとうございました。     2007-2012 M TSUDA. All rights reserved.     !